Home » 講演・研修等 » AICOS » AICOS2015(アキバイノベーションカレッジオープンセミナー)第02回

AICOS2015(アキバイノベーションカレッジオープンセミナー)第02回

<※大変申し訳ございません。お申込多数のため締切らせて頂きました。>

AICOS2015 第02回目のご案内をさせていただきます。
※お申込後のキャンセルは、お手数ではございますが必ずAICOS事務局までご連絡をお願い致します。ご連絡がなく欠席されたお客様には、今後のご案内・お申込みをお断りさせていただく場合がございます。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ  「観光サービスホスピタリティ産業のイノベーション ~旅行産業から交流文化産業へ~」
講師 【講師】田川 博己氏(株式会社ジェイティービー 代表取締役会長)
【モデレーター】妹尾 堅一郎(AICOS校長役・産学連携推進機構理事長、一橋大学MBA客員教授)
概要 訪日観光客が急増しています。2014年は史上最高の1,341万人を記録し、前年の最高記録を更新しました。また、2014年の訪日旅行客が日本に落とした金額も2兆305億円を記録したとのこと。確かに、アキバを歩くと、来訪客の大半が、中国・台湾系の方々をはじめとする世界からの観光客だと実感しますね。観光立国推進基本法が施行されたのが2007年。しかしながら、それ以降、観光振興施策がいくつも打たれ、また「観光庁」もできたものの、リーマンショック、「3・11」等々の様々な外的要因で観光インバウンド客が伸び悩んでいました。近時、円安効果もあり、ようやく立国が進んできたわけです。平和産業である観光産業の興隆は、日本と東アジア諸国との関係が今一つと言われる中で重要な政策でもあります。2020年の東京オリンピック・パラリンピックもその一つ。ただし、それが観光立国のピークでは困ります。オリンピック・パラリンピックを契機として2020年以降に次のステージに進展して欲しいものです。そこで、今回のAICOSでは、「観光立国」の推進役である株式会社ジェイティービー代表取締役会長の田川博己氏をお招きしました。田川会長はJTBの様々な改革を大胆に進める一方で、日本の観光イノベーションのために多彩な活動を精力的に進める、「知恵と力」溢れる素晴らしい経営者のお一人です。今回は、現在の旅行産業から交流文化産業への進展について語っていただくと共に、サービスホスピタリティ産業全体のイノベーションに関する考えを披露していただく予定です。 後半は、妹尾堅一郎AICOS校長役とのトークセッション。どんな話が飛び出すか、大いにご期待ください。 また、第二部は意見交換・懇親会です。皆さんのイノベーション交流の場として、ご活用ください。
日時 2015年05月20日(水) 18:30 ~21:30 18:00                   受付開始 18:30 ~ 20:30  セミナー 20:30 ~ 21:30 意見交換・懇親会
会場 <セミナー> 秋葉原ダイビル5階 カンファレンスフロア 5C会議室 <懇親会> 同ビル5階 産学交流ゾーン <交通案内・地図>http://www.akibahall.jp/data/access.html
参加費 セミナー    2,500円/人 懇親会     1,000円/人 ※お支払は、開催当日、会場受付にてお願いいたします。 ※領収書をご希望の場合は、会場受付にてお知らせください。 ※諸般の事情により、2015年度からセミナー費を2,500円とさせていただきます。事情ご賢察の上、ご理解を賜れれば幸いです。
定員 140名(先着順、事前申込制)
参加申込  ※大変申し訳ございません。お申込多数のため締切らせて頂きました。
主催等 主催・運営:NPO法人産学連携推進機構 共催:ダイビル株式会社
報道関係者の皆様へ 講演内容の関係上、本セミナーの取材は講師等に事前許諾をさせて頂いております。取材をご希望の場合は、事前の一般申込みと同じく参加のお申し込みをお願いしております。その際、備考欄に取材希望である旨をご記載ください。(当日の取材申込は一切お受けしておりません。) 事前にお申込み頂いた場合でも、講師等の許諾が得られない場合は取材をご遠慮頂くことがございますので、あらかじめご了承願います。 当日は、受付で記者証等の身分証明書をご提示いただき、腕章などの着用をお願いしております。その他、取材に関しては、事務局の指示に従っていただきますようお願い申し上げます。
事務局 NPO法人産学連携推進機構 AICOS事務局 担当:池田・松尾 Email: aicos(アット)nposangaku.org ※お手数ですが(アット)を@に変更してご連絡ください。

 

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Comments are closed.