Home » 講演・研修等 » AICOS » AICOS2015(アキバイノベーションカレッジオープンセミナー)第03回

AICOS2015(アキバイノベーションカレッジオープンセミナー)第03回


※本セミナーは、会場の収容定員に達しましたので、申し訳ございませんが申込受付を終了させていただきました。
多くの方にご参加お申し込みいただき、誠に有難うございました。
現在までにお申込みを頂いている方以外は、誠に恐縮ながらご入場いただけませんので御了承ください。

AICOS2015 第03回目のご案内です。
※お申込後のキャンセルは、お手数ではございますが必ずAICOS事務局までご連絡をお願い致します。
ご連絡がなく欠席されたお客様には、今後のご案内・お申込みをお断りさせていただく場合がございます。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ 「トヨタ本流の限界、脱トヨタ本流の可能性
~次世代自動車のイノベーションは何を目指すか~」
講師 【講師】近藤 元博氏(トヨタ自動車株式会社 第1トヨタ企画部長)
【モデレーター】妹尾 堅一郎(AICOS校長役・産学連携推進機構理事長、一橋大学MBA客員教授)
概要  トヨタ自動車(株)は過去最高益を更新しました。2016年3月期の連結営業利益は2兆8000億円になる見通し、とのことです。これは、前期比1.8%増で、3年連続で過去最高益となります。まさに、日本製造業の雄として躍進を続けており、昨年の「意志ある踊り場」段階を経て、「次の挑戦」を行うと言われています。

新設計手法「TNGA」を導入した新車の年内発売も話題ですが、トヨタの燃料電池車やハイブリッド車等の次世代自動車はどうなるのでしょうか? その中で、燃料電池自動車の特許開示はどのような戦略に基づくものなのでしょうか?

他方、IOTやインダストリー4.0や「製造業のサービス化」等の話題が飛び交う中で、製造業の雄であるトヨタ自動車は、次の産業生態系の中で何を進めていくのでしょうか? また、「トヨタ対グーグル」と言われるような、モノづくりとサービスレイヤーとの競争と協調はどのような形で展開するのでしょうか?これらは、イノベーションを考える本セミナーとしては、しっかり押さえるべきテーマです。

そこで、今回は、トヨタの「次」を構想する近藤元博氏(トヨタ自動車株式会社 第1トヨタ企画部長)をお招きして、「トヨタ本流の限界、脱トヨタ本流の可能性」と称したセミナーを開催することにいたしました。次世代はどのようなトヨタになるのでしょうか? 自動車のイノベーション、自動車を超えたイノベーションはどのようなものがありえるのでしょうか?

後半は、妹尾堅一郎AICOS校長役とのトークセッション。どんな話が飛び出すか、大いにご期待ください。

また、第二部は意見交換・懇親会です。皆さんのイノベーション交流の場として、ご活用ください。

日時 2015年07月08日(水) 18:30 ~21:30
18:00                  受付開始
18:30 ~ 20:30  セミナー
20:30 ~ 21:30  意見交換・懇親会
会場 <セミナー> 秋葉原ダイビル5階 カンファレンスフロア 5C会議室
<懇親会> 同ビル5階 産学交流ゾーン
<交通案内・地図> http://www.akibahall.jp/data/access.html
参加費 セミナー    2,500円/人
懇親会     1,000円/人
※お支払は、開催当日、会場受付にてお願いいたします。
※領収書をご希望の場合は、会場受付にてお知らせください。
※諸般の事情により、2015年度からセミナー費を2,500円とさせていただきます。事情ご賢察の上、ご理解を賜れれば幸いです。
定員 140名(先着順、事前申込制)
参加申込  大変申し訳ございません。お申込多数のため締切らせて頂きました。
主催等 主催・運営:NPO法人産学連携推進機構 共催:ダイビル株式会社
報道関係者の皆様へ 講演内容の関係上、本セミナーの取材は講師等に事前許諾をさせて頂いております。取材をご希望の場合は、事前の一般申込みと同じく参加のお申し込みをお願いしております。その際、備考欄に取材希望である旨をご記載ください。(当日の取材申込は一切お受けしておりません。)事前にお申込み頂いた場合でも、講師等の許諾が得られない場合は取材をご遠慮頂くことがございますので、あらかじめご了承願います。当日は、受付で記者証等の身分証明書をご提示いただき、腕章などの着用をお願いしております。その他、取材に関しては、事務局の指示に従っていただきますようお願い申し上げます。
事務局 NPO法人産学連携推進機構 AICOS事務局 担当:池田・松尾
Email: aicos(アット)nposangaku.org
※お手数ですが(アット)を@に変更してご連絡ください。

 

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Comments are closed.