Home » 出版物・資料 » 著書 » 「アキバをプロデュース 再開発プロジェクト5年間の軌跡」

「アキバをプロデュース 再開発プロジェクト5年間の軌跡」

出版物・資料詳細


タイトル  「アキバをプロデュース 再開発プロジェクト5年間の軌跡」
 著者 妹尾 堅一郎
 内容 集客力があるように見える“街”でも、方向を見定めないと、すぐに衰退してしまう。駅前の再開発が進み、来訪者、居住者が増えた秋葉原であっても、それは例外ではない。「ビル栄え、街いっそう栄える」ための街づくりの勘所とは何か。秋葉原クロスフィールド「産学連携機能」プロデューサーである著者が、「秋葉原再開発」「産学連携と街づくり」を語る。
 価格 790円
 新書 256ページ
 出版社 アスキー
 発行日  2007.11.12
 ISBN  4756150551
 目次
  • はじめに アキバの午睡
  • 第1章 変貌をとげる「アキバ」
    1. 変化し続ける街、発信し続ける街
    2. 秋葉原再開発への取り組み
  • 第2章 秋葉原とアキバ テクノとオタクの街の特徴
    1. 秋葉原の特徴を掴む
      ―地域の特性を概念的に把握する―
    2. 「アキバらしさ」の本質は何か
  • 第3章 秋葉原クロスフィールド構想
    1. 「二つの連携、三つの支援、二つの交流」産学連携の基本コンセプト
    2. 産学連携の二つのテーマ
    3. 高層ビルにベンチャーインキュベーション施設?
    4. フロア不足で涙をのんだ企画群
    5. 構想の実現に、さまざまな壁を乗り越える
    6. 産学連携機能の今後の展開
  • 第4章 アキバテクノタウン構想
    1. テクノアキバをプロデュース
    2. 「テクノタウン構想」の第一の柱「インキュベーション」
    3. テクノタウン構想の第二の柱「プロモーション」
    4. テクノタウン構想第三に柱「エデュケーション」
    5. テクノタウンで「アキバ理科室」
    6. 「アキバ・ロボット文化祭2005」
    7. 秋葉原の新記録を樹立「アキバ・ロボット運動会2006」
  • 第5章 安心して楽しめる街づくりへ
    1. 観光客を安心に帰路へ 「アキバセーフティ&セキュリティタウン構想」
    2. 「万世橋」の再開発を構想する
    3. 「万世橋」構想の基本コンセプト
    4. 万世橋地区再開発を機に、具体化したいアイデア
    5. アキバでマーケティング研修
    6. 構想への賛同と批判と
  • あとがき
  • 資料 産学連携機能に20機関が集結
 備考  

 

Comments are closed.