Home » 出版物・資料 » 著書 » 「雷害リスク 急増する新型被害への対策―ネットワークと情報資産のリスクマネジメント」

「雷害リスク 急増する新型被害への対策―ネットワークと情報資産のリスクマネジメント」

出版物・資料詳細


タイトル  「雷害リスク 急増する新型被害への対策―ネットワークと情報資産のリスクマネジメント」
 著者 雷害リスク低減コンソーシアム (著), 妹尾 堅一郎 (編著)
 内容 直撃被害ばかりではないネットワーク・情報機器の障害から情報資産の消失まで…。雷害リスク警告の書。
 価格 1,890円
 単行本 286ページ
 出版社 ダイヤモンド社
 発行日 2003.08
 ISBN 4478450471
 目次 情報社会で増大する雷害リスク―雷がネットワークを踊らせる

  • 第1部 雷害対策のあゆみ(海外の雷害対策―日本の雷保護は欧米先進国に10年遅れている
    • NTTを雷害から守る闘い―通信技術の発展と雷害対策のあゆみ)
  • 第2部 電力と通信における雷害対策の現状(電気・電力の雷害リスク―電力事業最大の脅威・雷の被害低減に向けた取り組み
    • 情報通信とEMC対策―情報通信での雷害対策はどう進んでいるか? ほか)
  • 第3部 雷害対策への数々の挑戦(大規模総合雷害対策―IT社会の基礎となるファシリティをトータルマネジメントする必要性
    • 全国雷観測ネットワークJLDN―リアルタイム落雷情報と過去データから何が見えるか? ほか)
  • 第4部 雷害対策の規格と標準(改正JIS A 4201の意味―建築計画段階からの雷保護の検討を
    • 改正JISと国際標準―JIS規格の新旧比較と国際標準一覧(資料))
 備考  

 

Comments are closed.