Home » 出版物・資料 » 著書 » 「雷文化論」

「雷文化論」

出版物・資料詳細


タイトル  「雷文化論」
 著者 妹尾 堅一郎
 内容 世界の文化は雷をどう意味づけているのか?人間と雷の多様なかかわりを探る、「畏れ」と「恵み」という雷の文化的側面に着目した刺激的な「雷入門」書。
 価格 2,100円
 単行本 249ページ
 出版社 慶應義塾大学出版会
 発行日  2007.04
 ISBN  4766413598
 目次 雷文化論への試み
日本古典文学の中の雷―軍記物語を中心に
中国における雷のイメージの変遷
ヤハウェ―オリエントの雷親父
イスラムと雷―ムスリム・アラブの雷観
ゼウスと雷とオリュムポス山
制御された雷―畏怖の対象としての雷から音楽・舞台表象としての雷への変貌
フランス文学における雷―ヴィクトル・ユゴーと雷の詩学
電気、あるいは生命の火花―十八世紀欧米における雷観
描かれた雷・撮られた雷―イギリス気象学の発達と絵画
一方で聖バルバラ、もう一方でチャンゴ―キューバ混血文化の象徴となった雷の神
地理から読み取る「雷」
庄内地域の雷文化と人々―冬季雷の里
 備考  

 

Comments are closed.