講演・研修

Public performance & training

トップ  >  講演・研修  >  講演・研修一覧  > AICOS スピンオフ企画 「 2019春の特別集中セミナー(2月度)」

AICOS スピンオフ企画 「 2019春の特別集中セミナー(2月度)」

ビジネスモデルデザイン入門 ~ ”ビジネスモデル”をなんとかしろ! と言われて困っている皆様へ ~

講師名

主任講師:妹尾 堅一郎(NPO法人産学連携推進機構 理事長)
協力講師:伊澤 久美(NPO法人産学連携推進機構 主席研究員)

開催日

2019年2月26日(火)、27日(水)

会場

秋葉原ダイビル5階 カンファレンスフロア 5C会議室

定員

70名(先着順、事前申込制)

申込みにあたって

  • セミナーや意見交換・懇親会の参加費は、「イベントレジスト」による事前決済(クレジットカード)を必須とさせていただいております。
  • お申込後のキャンセルご希望は、必ず実施日の2営業日前13:00までに事務局へメールでご連絡ください。期日を過ぎたキャンセルの場合はご返金いたしかねますので何卒ご協力のほど、宜しくお願いいたします。

セミナー情報

Seminar Overview

今年度の2月セミナーでは、昨年度(2018年3月末)に開催した特別セミナーで取り上げた事例と重複するものを幾つか取り上げる予定です。
昨年度の特別セミナーを受講された方で、今回もお申し込みをご希望の方におかれましては、その旨ご了解いただき、お申し込みのほどお願い申し上げます。

テーマ

ビジネスモデルデザイン入門
~ ”ビジネスモデル”をなんとかしろ! と言われて困っている皆様へ ~
 

概要

  「“ビジネスモデル”をなんとかしろ!」と指示されて困っている方はいらっしゃいませんか?
そうです、何とかしなければなりません。とはいえ、ビジネスモデルをなぜ考えなければならないか? 何をどう考えれば良いのか? そして何より、まず何を知っておかなければならないのか? 皆さん、途方にくれていらっしゃいませんか。
2018年3月に大好評だったAICOSスピンオフ企画(特別セミナー)「ビジネスモデルデザイン入門」を、今年度も開催いたします。しかも、今年は2月度および3月度にそれぞれ2日連続、別内容(2種類)のセミナーを企画いたしました。本企画は、昨年度は即日完売のため多くの皆様に参加機会をご提供できなかったこと、またもっと多くの事例を知りたいというご要望をいただいたことを踏まえたものです。

  この「ビジネスモデル」という言葉・概念が人口に膾炙するようになったのは、ここ10数年でしょう。その先鞭をつけた一人は、弊機構の理事長・妹尾堅一郎です。東京大学大学院工学系研究科の「イノベーションと知的財産」科目において、多くの事例を活用しながらビジネスモデルとそれを支える知財マネジメントのモデルの類型化や概念群に関する議論を続けています。以来、弊機構でも、事例の調査研究を中心として、それらの教材化等を進めてきております。

  今回は、2月度および3月度のどちらも、基調講義でビジネスモデルの基礎論を講義いたします。その上で、事例群の紹介と解説を通じてビジネスモデル(とそれを支える知財マネジメント)の基本を学んでいただきます。数多くの事例について、原則として、事実編・考察編・質疑応答そして解説編・議論という構成で、各事例を読み解いていきます。ビジネスモデルの概要を把握すると共に、これらを通じてビジネスモデルのデザインやリデザインを具体的に行える素地を培っていただくことが狙いです。

  講師は、本AICOS(アキバイノベーションカレッジ・オープンセミナー)の校長役である妹尾堅一郎がつとめ、事例紹介はNPO法人産学連携推進機構のスタッフ陣が担当いたします。

  さらに、各月度の特別セミナー終了後には、AICOS名物の意見交換・懇親会も用意します。学びの成果交換・意見交換そしてイノベーション交流の場として、是非ご活用ください。
 

日時

・1日目:2019年2月26日(火) 10:00 ~17:30
・2日目:2019年2月27日(水) 10:00 ~17:30 意見交換会 18:00 ~19:00

タイムテーブル:

9:30 開場・受付開始
10:00~17:30 セミナー
18:00~19:00 意見交換・懇親会(2日目)

 

場所

セミナー(1日目、2日目):秋葉原ダイビル5階 カンファレンスフロア 5C 会議室
意見交換会(2日目)   :同ビル5階 産学交流ゾーン
http://www.akibahall.jp/data/access.html

 

対象者

「“ビジネスモデル”をなんとかしろ!」 と言われて困っているビジネス関係者の皆様
 

講師

主任講師:妹尾堅一郎(NPO法人産学連携推進機構 理事長)
協力講師:伊澤久美(主席研究員)
協力助手:(氏名50音順)
     小泉太一(特任研究員)、白石拓也(特任研究員)、杉山沙希(特任研究員)、
     中井裕章(特任研究員)、野口貴史(特任研究員)、宮本聡治(主任研究員)、
     森川輝生(特任研究員)、行本顕(特任研究員)
 

定員

70名(先着順、事前申込制)
 

受講料(税込)

2日連続受講料:43,200円(税込・意見交換会費用含む)
 
※上記の料金には、当日配布する教材・資料の代金が含まれます(ただし、特許庁版ケース教材については、無料です)。なお、当日欠席者へ資料配布はできませんので、あらかじめご了承ください。
※会場までの宿泊交通費、昼食代等は上記には含まれません。

受講料は、通常のAICOSセミナーと同様に、「イベントレジスト」による事前決済(クレジットカードまたはPaypal)を必須とさせていただいております。
当日受付での現金払い、請求書によるお振込み等は対応いたしておりません
   事前手続きではご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
※領収書をご希望の場合は、チケット購入後、「マイチケット」ページに「領収書データ表示」というボタンが表示されますので、そちらから領収書データを表示し、必要に応じて印刷をしてください。
 

備考

本セミナーでは、特許庁の教材「ビジネスモデルデザイン ~入門~」をいくつか活用します。
参加者の方々には、事前に、本教材をはじめとして、いくつかの事例を予習してきていただくことをお願いいたします。
このことについては、お申込みをいただいた方にご案内をいたします。
 

主催

主催・運営:NPO 法人産学連携推進機構
 

事務局

NPO法人産学連携推進機構 AICOS事務局
担当:森川 秀樹、池田 幸子、伊澤 久美   e-mail: aicos(アット)nposangaku.org
お手数ですが(アット)を@に変更してご連絡ください。

 

報道関係者の皆様へ

※セミナー内容の関係上、取材はご遠慮いただいております。
 
 

キャンセルポリシー等

お申込後のキャンセルは、必ず2/22(金)17:00までにAICOS事務局へメールでご連絡ください
Email: aicos(アット)nposangaku.org
お手数ですが(アット)を@に変更してご連絡ください。
上記の期日までにご連絡なく欠席された場合は、返金致しかねますのでご了承ください。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
イベントレジストへの新規会員登録、領収書発行等に関するFAQは、こちらをご覧ください。
本セミナーにおける特定商取引法に基づく表示はこちらをご覧ください。
 

 

 

【カリキュラム詳細(2019年2月度)】

 

「ビジネスモデルデザイン入門」
~ ビジネスモデルを工夫しろ! と言われて困っている皆様へ ~
 
【2月度のテーマ】 
「モノづくり製造業のビジネスモデルの進化〜商品形態論と事業業態論の観点から〜」 
 
 
【Day1】 2019年2月26日(火) 10:00~17:30

10:00~10:10 開講オリエンテーション (妹尾理事長)
10:10~11:00 第1部:基調講演(1)
「産業パラダイムの変容〜ビジネスモデルの変容と多様化の背景を探る〜」(妹尾理事長)
11:00~13:00 第2部:基調講演(2)
「ビジネスモデル論の基礎」 (妹尾理事長)
商品形態論
1)本体消耗品モデル、本体付属品モデル
2)弁当モデル、定食モデル、カフェテリアモデル
【事例1】B2Bにおける本体消耗品モデル(野口特任研究員)
事業業態論 モノ売りモデル、モノ使わせモデル、モノ使いモデル 等
13:00~14:00 昼休み
14:00~17:00 第3部:【事例研究(1)】モノづくりとサービスの新しい関係
【事例2】ホギメディカルの医療用手術用キット事業 (伊澤主席研究員)
【事例3】ブリヂストンの業務タイヤ事業 (行本特任研究員)
【解説】1×N構造の形成によって自社優位を形成するビジネスモデル(妹尾理事長)
【事例4】林原のトレハロースの社会実装化(小泉特任研究員)
【解説】1×N構造の形成を促す知財マネジメント(妹尾理事長)
17:00~17:30 第4部:【ラップアップ】Day1の総括・省察(妹尾理事長)

 

【Day2】 2019年2月27日(水) 10:00~17:30  意見交換・交流会 18:00~19:00

10:00~13:00 第5部:【事例研究(2)】本体メンテナンスモデルの多様化と進化
【事例5】三浦工業の小型貫流ボイラー事業(森川特任研究員)
【事例6】栗田工業の超純水供給事業(小泉特任研究員)
【事例7】月島機械の水環境事業(中井特任研究員)
13:00~14:00 昼休み
14:00~15:00 【グループワーク】3社の事例の相似・相異から何を学べるか?
【解説】製造業のサービス化(妹尾理事長)
15:00~17:00 第6部:【事例研究(3)】 ビジネスモデルの「合わせ技」
【事例8】シスメックス:商品形態と本体消耗品モデル(野口特任研究員)
【事例9】シスメックス:メンテナンスのネットワーク活用 (白石特任研究員)
【事例10】シスメックス:標準化と認定・認証 (行本特任研究員)
【事例11】シスメックス:ブランディングの知財マネジメント (杉山特任研究員)
【解説】合わせ技による市場拡大と圧倒的優位の形成(妹尾理事長)
17:00~17:30 第7部:【ラップアップ】Day2および全体の総括・省察
18:00~19:00 第8部:意見交換・交流会

 
# 本カリキュラムは予定です。事情および進捗状況によりタイトル・内容・予定時間等を適宜変更することがあります。
# 本カリキュラムには、昨年2018年3月度セミナーと重複する事例があります。ただし、内容等については補強をしてあります。特に、事例5〜7については、総合演習を用意して、3事例の相似と相違の考察を通じて、重要な気づきと学びを促進するように工夫しております。
# なお、今年度は講義・セミナー形式だけでなく、受講者どうしのグループディスカッションやクラスセッション等により学習深度を深めていただくプログラム構成を予定しております。そのため、本セミナー参加にあたっては事前学習を必須としています。参加決定者には学習材(教材)を後日、事前配布/指定しますので、必ず予習をしてきていただくようお願いいたします。
# 適宜、休憩時間を挟みます。
 

 

AICOS(アキバイノベーションカレッジ オープンセミナー)とは?

日本の産業再生には、イノベーション(新しい価値を社会へもたらすモデルの創新・普及・定着)が求められています。
そのためには、単に高い技術力だけではなく、その技術を事業として効果的・効率的に活かすビジネスモデルや知財マネジメントをデザインする「知」が必要です。

テクノロジー(工)とアート(芸)が融合・創発する街・アキバ。
そこで生まれたアキバイノベーションカレッジでは、このイノベーションの起点となる人財育成に寄与するために、「知の創発起点」としてオープンセミナーを開催しております。

プライバシーポリシー

このセミナーにお申込み頂いた方の個人情報は、弊機構が規定するプライバシーポリシーに則り、セミナーのご案内やセミナー等の主催団体・講師への参加者情報の提供、その他当機構によるサービスの提供等の利用目的のために適正かつ公正な手段で利用いたします。必ず弊機構Webサイト「プライバシーポリシーについて」をご確認の上、お申込みください。

アクセス

Access

東京都 千代田区外神田 1-18-13 秋葉原ダイビル